rennyの備忘録 VAMOS TOKYO #fctokyo

2019シーズン、FC東京はこちらで更新します! YOU'LL NEVER WALK ALONE

FC東京の試合結果にあわせて投資信託を買う! 2019 #31 (1,381口を積上げ) #Jリーグでコツコツ投資

J1 第34節で投資信託を2,000円買うぅぅぅ、、、

 

前回です。

 

vamosfctokyo.hatenablog.jp

 2019シーズン、最後の試合、買付となりました。

 

このルールに則り、買付けてきました。

 

優勝の可能性を残した最終節。

奮闘するもその可能性を掴めずに敗戦。

 

0-3

 

凡戦ではありませんでしたが、上記のルールに従い、2,000円で投資信託を買いました。ホームでの対川崎戦以来、今季2回目のケースです。

 

f:id:renny:20191210070218p:plain

J1第34節で1,381口を積上げ

この結果、保有口数は全部で

 

37,722口

 

となりました。

 

今回の買付で

1,381

を新たに積上げることができました。

 

2019年12月9日時点の10,000口当たりの基準価額は14,487円。

37,722口の時価は 54,648円となり、これまでの投資累計額48,800円に対して

 

5,848円の評価益となっています。

 

f:id:renny:20191210071156p:plain

保有口数は37,722口!

どんな会社に投資しているのか?

投資している投資信託

 

 

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/sbi_am/pc/basic/sa_2015071001.html

 

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称 jreviveⅡ

という大変長い名前の投資信託です。

 

次のように紹介されています。

 

主要投資対象は、わが国の金融商品取引市場に上場する中小型株式。株価が下落した銘柄から財務安定性に優れ、業績も安定しており、わが国の経済社会に貢献すると考えられる株式に厳選投資する。

 

具体的にどんな会社に投資しているか、ですが、それは週報で確認できます。

 

f:id:renny:20191210072414p:plain

2019年12月6日時点のjreviveⅡの投資先

前回の週報と比較してみましょう。  

f:id:renny:20191203072837p:plain

2019年11月29日時点のjreviveⅡの投資先

上位10社では、福井コンピュータホールディングスに替わってプロトコーポレーションが登場しました。

投資先は53社と前回から1社増となっています。

 

先日、この投資信託の第8期決算(2019年7月22日)の運用報告書が公開されました。その内容についてまとめてます。

renny.jugem.jp

上記の通り、今回は評価益となっています。

これまでの経過です。

f:id:renny:20191210075508p:plain

評価「益」は5,848円

評価益は最高値を更新しました。

値動きがあるものですから、これは運が良かった程度に捉えるべきです。

 

今季から始めてみたこの試みですが非常に楽しく取り組むことができました。

今季の振り返り、来季に向けて、はあらためて書きますのでお楽しみに。

こうした楽しみがあるのも、FC東京という愛するクラブがあるからこそ。

FC東京に関わる全てのみなさんに心より感謝します。

ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
 

 

 

2019年 J1 第34節 vs 横浜Fマリノス ― #最後の1秒まで / 最初の1秒から

 

www.fctokyo.co.jp

チケットが買えたので家内と二人で現地観戦。

試合終了後に祝杯をあげたかったのですがそれは叶わず。

天候は今一つで入場前の行列も長時間でしんどかったです。

優勝争いで一番辛いのは入場待機列だなあ、と感じました。

 

歓喜の瞬間を信じてましたが、残念で悔しい結果となりました。

 

スタメンです。

 

ディエゴ選手は予想通り欠場。前節負傷の永井選手はスタメンに(かなりの無理をした強行出場だったのでは)。サンホ選手、アルトゥール選手、ジェソク選手がスタメンに。

試合開始から「まず先制」という強い意思を感じました。チャンスもつくれていましたがそれをゴールに結びつけられず、相手に先制されてしまいました。相手選手のシュートへのブロックが不運な作用を与えて林選手の頭上を越えてゴールに飛び込んでいきました、、、でも、まだ時間はありましたし、5点を奪ってくれることを信じてました。

前半終了間際、さらに失点。

前半終了、0-2。

後半開始前に、ゴール裏から「あと6点、あと6点」の声援。取ってくれ、まだ時間はある!と声をあげました。

後半、相手が一人減ったにもかかわらず、また失点。

0-3で試合は終わりました。

今季のJ1を2位で終えました。

優勝は 横浜Fマリノス

おめでとうございます。素直に称えたいと思います。

確かに強いチームでしたが、トーキョーが開始直後の攻勢で先制できていれば試合はもっと違った展開だったでしょう。チームのトップスコアラーを欠いての「4点差勝利」は常識的に考えれば、非常に厳しい条件。でも、それがどうした、何かを起こせる、起こしたい、と信じたのです。前節のドローから。願ったから叶う、信じれば叶うというわけではないし、そんなことは分かっています。

でも、願わずには、信じずにはいられない。

だから、当然、来季も願います、信じます、ゲンも担ぎます、願掛けだってやります、カツ丼、カツカレーを食べます。

 

トーキョーを応援し始めて10シーズン目。SOCIOになって5シーズン目。今季、2019シーズンが最も遅い時間までJ1リーグ優勝を意識できたシーズンでした。「最後の一秒まで」とはいかなかったけれど。

 

チーム、クラブ、ファン、サポーターの皆さん、お疲れ様でした。

色んなことがあり、とても楽しく充実したシーズンでした。こんなプロセスを経験できたことをとても有難く思います。感謝してます!

来季はACLプレーオフは必勝ですね)もあり、オリンピックの影響もあるとか、また今季とは違ったしんどいスケジュールになるかもしれません。

 

最初の1秒から ― 最後に最高の結果を得られるよう準備をしましょう!

今のトーキョーはそんなクラブに進化していると感じますから。

 

https://www.instagram.com/p/B5xDtahp3x5/

#最後の1秒まで 精一杯の声援を送りましたお疲れ様でしたこの悔しさを絶対に忘れないぞ#fctokyo #日産スタジアム

 

VAMOS  TOKYO

You'll Never Walk Alone.

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

 

#最後の1秒まで 今季最後に歌うのはどんなユルネバだろうか? #YNWA

いよいよ今日の午後、横浜で。

その時を迎えます。

 

 

 

前節の後、クラブが、最後の1秒まで諦めないぞ!と何度も何度もSNSを通じて鼓舞し続けて、それにファン、サポーターが応える形になって、気分は高まるばかりです。

ゲン担ぎにカツも食べたし。

 

https://www.instagram.com/p/B5ule35JxEt/

#勝牛#牛カツ#メンチカツ#4点差つけて勝つ‼️#最後の1秒まで #あきらめない#信じます#fctokyo

 

幸いにもチケットを手にすることが出来ましたので、現場で見て来ます。

2010シーズンからトーキョーを見続けて、10シーズン目、こんなところ迄連れて来てくれたチーム、クラブに感謝しながらひたすら声援を送りたいと思います。

 

最後の一秒まで。

 

今季最後に歌うユルネバはどんなユルネバだろうか?

歓喜ユルネバとなることを信じて。

 

VAMOS  TOKYO

You'll Never Walk Alone.

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
 

 

 

FC東京の試合結果にあわせて投資信託を買う! 2019 #30 (561口を積上げ!) #Jリーグでコツコツ投資

J1第33節で投資信託を800円買う

 

前回です。

 

 

vamosfctokyo.hatenablog.jp

 いよいよ、次回が最後の買付となります。

最高の結果を最後の1秒まで信じてこのシリーズもキビキビと更新します。

 

ルールはこちらです。

 

 

次回の買付で20,000円以上となる可能性を残しています!

 

第33節は前節に続いてホーム・味スタでの試合。

是が非でも欲しかった勝ち点3は得られず。

 

この結果、タイトルへの条件は極めて厳しいものとなりました。

4点差以上の勝利。これが我々に課された条件です。

この厳しい条件をクリアすることができれば、自力でタイトルを掴めるのです。

 

引分 → 500円

1得点 → 200 x 1=200円

1失点 → 100 x 1=100円

 

合計 800円 で投資信託を買いました!

 

f:id:renny:20191203071412p:plain

J1第33節で561口を積上げ

この結果、保有口数は全部で

 

36,341口

 

となりました。

 

今回の買付で

561

を新たに積上げることができました!

 

2019年12月2日時点の10,000口当たりの基準価額は14,272円。

36,341口の時価は 51,866円となり、これまでの投資累計額46,800円に対して

 

5,066円の評価益となっています。

 

f:id:renny:20191203072152p:plain

保有口数は36,341口!

どんな会社に投資しているのか?

投資している投資信託

 

 

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/sbi_am/pc/basic/sa_2015071001.html

 

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称 jreviveⅡ

という大変長い名前の投資信託です。

 

次のように紹介されています。

 

主要投資対象は、わが国の金融商品取引市場に上場する中小型株式。株価が下落した銘柄から財務安定性に優れ、業績も安定しており、わが国の経済社会に貢献すると考えられる株式に厳選投資する。

 

具体的にどんな会社に投資しているか、ですが、それは週報で確認できます。

 

f:id:renny:20191203072837p:plain

2019年11月29日時点のjreviveⅡの投資先

前回の週報と比較してみましょう。  

f:id:renny:20191126070238p:plain

2019年11月22日時点のjreviveⅡの投資先

 上位10社のメンバーに変更はありません。

投資先は52社と前回から3社減となっています。

 

先日、この投資信託の第8期決算(2019年7月22日)の運用報告書が公開されました。その内容についてまとめてます。

renny.jugem.jp

上記の通り、今回は評価益となっています。

これまでの経過です。

 

f:id:renny:20191203075928p:plain

評価「益」は5,066円

評価「益」はシリーズ開始来で最大になっています。

しかし、値動きのある投資信託では、山あり谷ありが当たり前です。気長に見守ることが大切です。

 

愛するクラブへの応援は熱く、投資はのんびりと穏やかに。

 

いよいよ次回が今季最後の買付となります。

一体いくら買付けることになるのかー?

次回をお楽しみに。

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
 

2019年 J1 第33節 vs 浦和 ― #最後の1秒まで / ここまで進化出来た可能性を信じます!

 

www.fctokyo.co.jp

今季のホーム最終戦。家族は学校の行事に参加。ということで独りで観戦。

好天なのでゴール裏1階席の前目に着座。

味スタの雰囲気は素晴らしいものでした。

勝ち点3を信じて応援。

 

スタメンです。

 

渡辺選手がスタメンに復帰。

 

前半序盤から決定機は沢山つくれていましたが得点できず。相手を圧倒することができていましたが、、、ディエゴ選手が負傷。少しリズムが悪くなったところで相手のセットプレーから失点。前節と同じような時間帯。先制されて俄然苦しくなってしまいました。失点後、ディエゴ選手が交代。0-1で前半終了。

後半開始後間もなく再び災厄が。永井選手が相手選手の手グセの悪いプレーで肩を脱臼(間近で見ていましたから地面に打ち付けたから、じゃないですよ、あれは)。ピッチの外でメディカルの人が彼の腕を引っ張っているのを見ているのは辛かった。

永井選手に替わってナサンホ選手がピッチに。彼らしい突破を久しぶりに見ることができました。

そして、69分。CKの混戦を田川選手がゴールに撃ちこみ、1-1に。田川選手、待望のリーグ戦初ゴール!この瞬間のスタジアムの「爆発」は凄まじいものでした。この後、必死に勝ち越し点を追求しましたが、フルタイム。どうしても欲しかった勝ち点3を得ることは出来ませんでした。

この結果、戴冠するには次節4点差以上の勝ちが条件となってしまいました。

 

https://www.instagram.com/p/B5gPP0Up4HV/

#最後の1秒まで #fctokyo #味の素スタジアム #神は乗り越えられる試練しか与えない可能性ある限り信じます

 

負けていたら終わっていたし、多分これまでのトーキョーならきっと終わってました。というよりも、これまでのトーキョーはこんな場所まで来たことが無かった。もっと手前で挫けていつもの場所に留まっていたことでしょう。確かに、もっと何とか出来たことは一杯あるはずです。が、これまでのトーキョーと比べたら劇的に進化出来たのではないでしょうか。最終節までタイトルの可能性を残しているのです。そうやって劇的に進化したトーキョーだから、まだ可能性がある、次の90分をどう締め括るかでさらに大きく変わることが出来る。この進化を遂げたチーム、この進化、「らせん階段」を上がって来た選手、一番に思い浮かぶのは森重選手。そして、東選手。特に彼らに成し遂げさせてあげたい。

これほどまで進化出来た可能性を信じます。

 

最後の1秒まで。

 

VAMOS  TOKYO

You'll Never Walk Alone.

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
 

FC東京の試合結果にあわせて投資信託を買う! 2019 #29 (566口を積上げ!) #Jリーグでコツコツ投資

J1第32節で投資信託を800円買う!

 

前回です。

 

vamosfctokyo.hatenablog.jp

 

泣いても笑ってもあと2試合。

最高の結果を信じてこのシリーズもキビキビと更新します。

 

ルールはこちらです。

 

第32節は3ヶ月ぶりにホーム・味スタに帰還。

是が非でも欲しかった勝ち点3は得られず。

終了間際の崖っぷちでの森重選手のゴールで何とか勝ち点1を掴みました。チームもファン、サポーターも、クラブみんながもがいている感じです。でも、何もまだ決まっていないし、可能性はあります。自分たちの力で切り拓ける状況です。

 

引分 → 500円

1得点 → 200 x 1=200円

1失点 → 100 x 1=100円

 

合計 800円 で投資信託を買いました!

f:id:renny:20191126064541p:plain

J1第32節で566口を積上げ

この結果、保有口数は全部で

 

35,780口

 

となりました。

 

今回の買付で

566

を新たに積上げることができました!

 

2019年11月25日時点の10,000口当たりの基準価額は14,146円。

35,780口の時価は 50,614円となり、これまでの投資累計額46,000円に対して

 

4,614円の評価益となっています。

 

f:id:renny:20191126065655p:plain

保有口数は35,780口!

どんな会社に投資しているのか?

投資している投資信託

 

 

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/sbi_am/pc/basic/sa_2015071001.html

 

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称 jreviveⅡ

という大変長い名前の投資信託です。

 

次のように紹介されています。

 

主要投資対象は、わが国の金融商品取引市場に上場する中小型株式。株価が下落した銘柄から財務安定性に優れ、業績も安定しており、わが国の経済社会に貢献すると考えられる株式に厳選投資する。

 

具体的にどんな会社に投資しているか、ですが、それは週報で確認できます。

 

f:id:renny:20191126070238p:plain

2019年11月22日時点のjreviveⅡの投資先

前回の週報と比較してみましょう。  

f:id:renny:20191112062508p:plain

2019年11月8日時点のjreviveⅡの投資先

上位10社、くら寿司ポールトゥウインピットクルーホールディングスが登場しました。

投資先は55社で増減ありません。

 

先日、この投資信託の第8期決算(2019年7月22日)の運用報告書が公開されました。その内容についてまとめてます。

renny.jugem.jp

上記の通り、今回は評価益となっています。

これまでの経過です。

f:id:renny:20191126070953p:plain

評価「益」は4,614円

評価「益」はシリーズ開始来で最大になっています。

しかし、値動きのある投資信託では、山あり谷ありが当たり前です。気長に見守ることが大切です。

 

愛するクラブへの応援は熱く、投資はのんびりと穏やかに。

 

次回をお楽しみに。

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
 

2019年 J1 第32節 vs 湘南 ― #最後の1秒まで / 残り2試合、勝つしかないじゃんねー

www.fctokyo.co.jp

3ヶ月ぶりの味の素スタジアム。お天気は残念なものに。好天だったらなあ、って思いしました。入場するだけで結構、疲れました。

我が家は家族総出で味スタへ。

 

スタメンです。

 

CBは渡辺選手に替わって岡崎選手が。左SBは小川選手が復帰。右SHは大森選手となりました。

試合開始直後からペナルティエリアに入り込んでチャンスを作っていたのですが、そこで得点が奪えず、膠着状態に。得点を奪えないままでいると、一瞬のスキを突かれ失点。0-1で前半終了。

 

後半に入って、チャンスを増やすものの得点には至らず。嫌な流れで時間が進んでいきます。相手は何とか1点を守り切ろうという意識が徹底されており、試合終盤まで0-1で試合は進行しました。このままで終わってたまるか、その想いを込めたのが森重選手のシュートだったのでしょう。終了間際ATに同点に追い付いて、何とか勝ち点1を上乗せしました。

永井選手、橋本選手、室屋選手は疲労があったでしょうし、他の選手にも気負いが感じられました。が、試合開始直後は結構よかったような。早い時間で決めるぞ、というのが狙いだったのでしょうね。そこを相手に辛抱されたうえに先に失点してしまい、その後は細かなミスも増えて、と正直ダメかも、このまま終わっちゃう、って思いました。後半40分くらいには周りの席で帰途に着く人もちらほら。

しかし、

最後の1秒まで

 

森重選手のシュートはまるでスローモーションのように見えました、ポストを叩き、ゴールに吸い込まれました。 ゴラッソでした。

 

 最後の1秒まで信じなきゃ、ということを感じました。

 

このドローでもう星勘定するとか、相手がどうとか、は無くなったと思います。ここからはカップ戦。2つ勝つしかない、90分で。勝つしかないじゃんねー。

 

 

https://www.instagram.com/p/B5NYWmRplUr/

#最後の1秒まで 信じて、信じて、信じます#fctokyo #味の素スタジアム

 

 

最高の結末を、最後の1秒まで信じようと思います。

 

 

VAMOS  TOKYO

You'll Never Walk Alone.

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ